2017年09月11日 ヨーロッパ

スペイン挙式&ハネムーン

Vieira Erikさん&中村香織さん

この体験談を書いたお客様

Vieira Erikさん&中村香織さん

  • スペイン
  • スペイン挙式
  • トレデルピ
  • バルセロナ
  • バルセロナフォトツアー
  • 海外ウェディング
  • 海外挙式

【トレ・デル・ピ / スペイン・バルセロナ】

主人のゆかりの地ということもあり、結婚式はスペインと元々決めていました。 しかし、なかなか「ここ!」と挙式会場を決めきれず、担当の小塚さんにはご迷惑をおかけしてしまいましたが、そんな中で提案いただいたバルセロナ郊外の「トレ・デル・ピ」という邸宅は、樹齢300年の松の木があることも魅力的でしたが、地中海が見渡せるという点が決め手となり即決!

挙式当日は、朝からホテルに現地のメイクさん・スタイリストさんと通訳さんが来てくださり、こまめに希望を聞いてくれたので、心配だったメイクもヘアも思い通りに仕上げていただきました。 ホテルから車で移動し、いよいよ挙式です! 当日は雲一つない快晴で、念願の地中海も見渡せ、本当に恵まれていたと思います。 チャペルの歩き方は当日1回の練習のみで、あとは好きにどうぞというスタイルだったので、ドキドキしましたが、緊張はすぐにほぐれ、自然と笑顔になれる挙式でした。

その後は、邸宅の敷地内で写真撮影でしたが、カメラマンも通訳さんも優しく面白い方だったので、笑顔あふれる写真を撮っていただけました。写真撮影が一段落したら、楽しみにしていたカヴァレセプションと、サプライズで用意していただいたケーキカット!何から何まで親切にしていただき、とてもステキな式になりました。

午後は、バルセロナ市内に戻り、サグラダファミリアと旧市街でのフォトツアーでしたが、すれ違う全ての方々から、いろいろな国の言葉で暖かい言葉をかけていただいたのは、日本ではできない最高の経験です。また、ちょうど当日は、カタルーニャ記念日で、市内では独立デモ行進が行われており、ホテルまでデモ行進に紛れてウェディングドレスで歩いたことは、一生忘れられない思い出です。

挙式後のハネムーンではバルセロナ以外にもビルバオ、サンセバスチャン、グラナダ、マラガ、ミハス、ジブラルタル、マドリッドと多くの都市を周遊しました。本当に充実していて、あっという間の14日間でした。

まず、最初の都市バルセロナでは、絶対に外せないサグラダファミリアとグエル公園は日本でチケット予約して行きました。サグラダファミリアは、見た瞬間自然と涙が出てきてしまったくらい壮大で感動的でした。
内部は、ガウディが「太陽は最高の芸術」と言っていたとおり、太陽の光がステンドグラスから入り神秘的で美しく時間を忘れて見入ってしまいました。生誕のファサード側の塔へのチケットを購入していましたが、当日は登ることができなかったことが唯一残念です。(でも後日その分は返金されました!)

その後、タクシーでグエル公園へ移動。グエル公園も芸術的でした。
あとは、カサミラ、カサバトリョの見学という、ガウディ巡りの1日でした。

夜は、こちらも日本で予約したパラシオ・デル・フラメンコでショーを見ながらディナー。ショーの前にはフラメンコの歴史や楽しみ方などレクチャーがあり、ショーは迫力満点で楽しく情熱的なひと時が過ごせました。

別の日には、パワースポットと言われるバルセロナ郊外のモンセラットツアーへ。事前に観光ガイドで調べていましたが、想像以上で圧倒されました。

次の都市はビルバオです。バルセロナとは全く異なる近代的な町並みで観光客も少なく静かな印象です。
ずっと行きたかったグッゲンハイム美術館は美しく、1日いても飽きません。しかし、日本人観光客が少ないからか、日本語のオーディオガイドがなかったのは残念でした。その後、ビルバオ郊外の世界遺産ビスカヤ橋へ。エレベーターで昇り、橋を歩いて渡ることができますが、高さは45m!景色は綺麗でしたが、風が強く怖くてすぐに降りてしまいました。

そして、いよいよお楽しみの都市サンセバスチャン。美食の街ということで、事前にリサーチしてバルを4件ほどハシゴ。どこのバルも噂通り美味しく、活気があり、店員さんや他の国のお客さんとのフレンドリーなコミュニケーションも楽しく良い経験になりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20171117_1735374-1.jpg

ここで帰国する両親を見送り、私たちは世界遺産があるグラナダへ移動。
アルハンブラ宮殿も日本でチケットを予約していきました。建物の壁にデザインされているアラビア文字を始め、庭園も全て芸術的でした。とにかく広すぎて、見学を断念した場所もあるので、もっと下調べしてまたぜひ訪れたいです。

次は、レンタカーを借りてマラガへ。マラガへは、ミハスとジブラルタル目的だったので観光はしていませんが、ずっと続くビーチが美しい街でした。

ミハスは、白い村で有名ですが、街並みが可愛いのはもちろん、白い家には実際に人が住んでいるので、生活感も感じることができて小ぢんまりした温かな村でした。

その翌日は、マラガからレンタカーで1時間半走り、車で国境を越えるというドキドキの体験を経てジブラルタルへ。最初は断念しようと思っていましたが、ここまで来て本当によかった!ジブラルタル空港の滑走路を車で走るという面白い経験の後、英語とスペイン語が入り交じる街を通り過ぎ、ロープウェーでザ・ロックへ。想像をはるかに超える絶景は一見の価値ありです。
ただし、猿が観光客の持ち物を狙っているのでそれだけは要注意です。

最後の都市はマドリッドです。マラガから高速列車アヴェで3時間。今までの移動は飛行機、レンタカーなどでしたが、アヴェもオススメです。ゆったりしたシートで、車内食まで提供されて、優雅な時間を過ごせました。マドリッドでも観光をしたかったのですが、お土産の調達で時間がなかったので、次回行く機会があれば、マドリッドの街歩きをもっとしたいと思っています。

これだけの都市を巡りましたが、まだまだ見足りない!と思うほど、スペインはとにかくステキな場所でした。料理やお酒がおいしいのも魅力の一つです。また絶対に行きたい国です。

このような素晴らしい挙式、経験ができたのは、JSTスタッフの皆様、担当の小塚さんのおかげです。本当にありがとうございました。 出来上がった写真もとてもステキで、また感動いたしました。 これから挙式を検討される方、スペインは食事もおいしいですし、明るい方ばかりで良い所なので、ぜひスペインも候補に入れてみてください!