2018年06月19日 ヨーロッパ

マルタ挙式&ドバイハネムーン

竹原様ご夫妻

この体験談を書いたお客様

竹原様ご夫妻

  • ウェディングフォト
  • ハネムーン
  • パラッツォパリジオ宮殿
  • マルタ
  • マルタ挙式
  • 海外ウェディング
  • 海外挙式

【パラッツォパリジオ宮殿 / マルタ】

いくつかある候補のうち最終的にマルタに決めたポイントは、
①結婚式のロケーションがいい
②治安がいい
③移動時間はこだわらない(2人で結婚式+新婚旅行できるところを考えていたため)
④結婚式後、海で遊べる
⑤世界遺産を満喫できる

マルタってどんな国だろうって不安な面もありましたが、実際に行ったことのある旅行会社に巡り合えたことも決め手です。ウエディングドレスを現地調達するか日本から持ち込むか迷いましたが、やはり一度きりの結婚式、納得のいくドレスを日本から持ち込むのがおすすめです。スーツケース一つ分多少荷物にはなりますが、持ち込みでも意外と現地でバタバタするので決めておいてよかったと思います。

結婚式はオプションでウエディングフォト付きのものを申し込みました。結婚式ではセレモニーマスターの他に歌うたいのおじさん二人も参加します。誓いの言葉はもちろん英語になりますが、その場の雰囲気でセレモニーマスターが優しくフォローしてくれるので過度に構える必要はないかと思います。

結婚式や古都イムディーナでの撮影は日本人のコーディネーター(2人きりの結婚式でしたが、盛り上げてくれました)と、陽気なイタリア人のプロカメラマンと私たち4人で行いました。現地にこれなかった家族にもいい結婚式ができたことを報告できるような素敵な写真撮影ができたと思います。撮影の小道具を日本からいろいろ持ち込みましたが現地のカメラマンもいろいろなアイディアをだしてくれて楽しい雰囲気をだしてくれたこともよかったです。

結婚式後の観光はというと、主にバスで観光しました。街がそんなに大きくないことと路線もシンプルなのですぐになれると思います。またそんなに多くはないですが観光客ではなく日本人の学生さんも街でたまに見かけることができるのも安心できる材料の一つになりました。街全体が世界遺産のヴァレッタの街をバスに揺られながら移動したりたまに見かける猫を見つけていやされたりと一日をゆったりのんびりできる国だと思います。また、移動には少し時間がかかりますが透明度の高いコミノ島のブルーラグーンで海を楽しむのもおすすめです。

マルタでの結婚式した後のもう一つの楽しみ方としてどの国を経由して渡航するかも迷うところかもしれません。私たちは近年稀にみる成長を遂げていることやマルタでゆっくりしてそのあとショッピングやエンターテインメントを楽しめたらいいかなと思い「ドバイ」にしました。ドバイは空港がかなり大きく、よくわからないまま他の旅行者について行って迷子になったことも今となってはいい思い出です。ショッピングモールやシェラトンモールオブ・ザ・エミレーツホテル、バージュ・カリファ、シェイク・ザイード・グランド・モスクは圧巻です。モスクでは女性は頭を覆うスカーフが必要で、私たちは現地調達しましたがオプションツアーのバスでも販売しているため心配はいりません。2日程度の日程と旅行の後半の後半であったこともあり疲れましたが、ショッピングモールでラーメン(ここでの日本発ラーメンは疲れた胃にしみわたります)を食べたりして英気を養いながら観光しました。

最後に、
グアムやハワイでのリゾート婚も憧れましたが、移動時間を気にしなければ街全体どこを切り取っても素敵なロケーション、ほかの国への周遊アレンジが可能な点などマルタを選んでよかったです。
マルタでの結婚式おすすめです!